読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まんが「食糧人類」ネタバレドットコム

コミック「食糧人類」のネタバレ・試し読み・あらすじ結末・感想ブログです。

スポンサーリンク

「屍囚獄(ししゅうごく)」ネタバレ結末 第2巻第8話「宇受売」

「屍囚獄(ししゅうごく)」ネタバレ結末

第2巻8話「宇受売」では、お兄ちゃんと気まずくなって村にやってきたこのはの葛藤と、美琴が見つけた「村の不都合な真実」について描かれているお話です。

 

作品名:屍囚獄(ししゅうごく)

作者:室井まさね

「屍囚獄」の無料試し読み

この漫画は電子コミックで試し読みができます。

>>無料試し読みはこちら

「屍囚獄」第八話「宇受売」あらすじとネタバレ

 兄とケンカしてしまったこのは

このははお風呂上がりに兄に連絡をとろうとしたが、電波がつながらない。

「兄ちゃんに謝らな」

八坂村にやってくる前、このはは兄から「結婚したい人がいる」と報告され、気まずい思いをしていた。

一緒に釣りに行く約束をしていたはずなのに、その女を連れて帰ってくるからとりやめにされ、「めっちゃええこやねん」とベタ褒めにしていておもしろくない。

「知らんわそんなん!別に会いたないし。
なんでそんなん言うねん、おまえ」

兄と一緒に遊べる、と楽しみにしていたのにそのことでこのははすっかりひねていた。

けれど、つぎつぎに恐ろしいことが起こるこの村に来たことを後悔しはじめ、実家に帰っていればよかった・・・とこのはは落ち込む。

美琴が見つけた村の真実

美琴がアルバムを漁っている姿を見て、このはが声をかける。

「変なのこれ、見て」

女性が誰一人写っていない、奇妙な写真集。

100年以上も前からだなんて、偶然してもおかしい。

そして家系図を見て、妻の名前がすべて「宇受売」になっているのを発見する。

「この家に嫁入りしている人は、みんな「宇受売」って名前なのよ!」

その不気味な成り立ちに、美琴は村長の妻から警告された「この村から逃げろ」という言葉が、ひとつの線となる。

「さもないとみんな、「宇受売」にされるって」

村人に襲われた香坂

香坂は隠れられそうな周辺の小屋を訪ねていたが、誰もいない。

そして後ろから村の男に頭を叩かれて気絶してしまう。

「へへ、逃さん言うたやろ」

香坂の身に危険が迫っていたが、彼女が目覚めたとき、なぜか男はボコボコにされて横たわっていた。

このはの葛藤

急に電波がつながったおかげで、このはの携帯に兄から電話が入る。

「兄ちゃんや!」

喜びに満ちた顔で電話をとるこのは。

「こないだ、ごめんな。
あんなこと言うて、ウチ・・・」

兄に謝ろうとした瞬間、電話の向こう側から兄の彼女の声がしてきた。

まるで、女房気取りの女の声。

こんな女に、自分の兄をとられてしまうんだ。

「アホ」

このはは、虚しい気持ちを抱えて電話を無言で切ってしまった。

「屍囚獄」第八話の感想

今回のお話は、お兄ちゃんと仲違い(一方的にこのはがそう思っているだけだけど)してしまったこのはがメインで、大好きなお兄ちゃんを彼女に取られる!と嫉妬していました。

すっごいお兄ちゃんっ子なんですね。このははスポーティなタイプの女の子で、美琴とは親友です。でも、男っぽい、というわけではなく、お兄ちゃんから電話が来ただけで喜ぶようなかわいいところもあります。

このはの頭の中はお兄ちゃんのことでいっぱいで、八坂村の秘密については興味なし、という雰囲気でしたが、美琴は「何かヤバイ」と感じて家系図などを調べていました。

女の子がひとりも生まれず、妻の名前はすべて「宇受売」・・・不都合な真実が隠されているようで、ヤバイにおいがプンプン漂っています。

次回は村長と貴彦の「秘密の話」で、さらに盛り上がりをみせます。


>>無料試し読みはこちら

 

第9話ネタバレ

foodhuman.hatenadiary.com

スポンサーリンク