読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まんが「食糧人類」ネタバレドットコム

コミック「食糧人類」のネタバレ・試し読み・あらすじ結末・感想ブログです。

スポンサーリンク

「屍囚獄(ししゅうごく)」ネタバレ結末 第1巻第4話「咎人」

「屍囚獄(ししゅうごく)」ネタバレ結末

前回は超がつくほど運の悪い女子大生・さよりメインのお話でした。教授のスプラッタのあと、さよりは一体どうなったのか。

第1巻4話「咎人」では、逃げ出して助かった・・・ものの、さよりは再び危機に陥ります。

作品名:屍囚獄(ししゅうごく)

作者:室井まさね

「屍囚獄」の無料試し読み

この漫画は電子コミックで試し読みができます。

>>無料試し読みはこちら

「屍囚獄」第四話「咎人」あらすじとネタバレ

悪夢で目覚めた比奈

謎の天狗面男のことを思い出し、沙霧が斧で2つに割られる悪夢を見て目覚めた比奈。怖い夢を見て悲鳴をあげた彼女を、そばにいた美琴とこのはが心配する。

「沙霧が・・・! おいてきちゃった、どうしよう」

と、あの天狗面の男に沙霧がやられてしまう、と泣いて訴える。美琴は、さっき沙霧が戻ってきたから無事だと伝え、安心するようにと告げる。

沙霧の本音

当の沙霧は風呂を浴び、血まみれのシャツを洗っている伊助に出くわす。沙霧は「それ、捨てたほうがいいよ」とだけ言う。

沙霧が無事だと知った比奈は「良かった、あたしてっきり沙霧もアイツに・・・」と、無事を喜んでみんなに危ない奴がいると教えてやってほしいと言うが、沙霧は冷たい。

「あんたさぁ、アタシのこと突き飛ばして逃げたよね」

比奈はぐるぐる巻きにされて動けない沙霧を男のほうに突き飛ばし、自分だけ逃げていた。

「知ってんのよ。あんたがネットで私の悪口言いまくってること」

バレてないとでも思っていたの、と沙霧は、憎しみをぶつける。

村人の車に助けを求めるさより

目の前で葦原教授がクワで解体されていく様子を見て、さよりは土砂降りの中逃げ出す。交通事故にあって気絶し、何がどうなっているのかすらわからない。

体中が痛くて走れず、倒れそうになっていたさよりの前に、「どうしたが!?この雨ん中」と村人のひとりが車で通りかかり、さよりは助けを求めた。

車に乗せてもらったさよりは恐ろしい殺人鬼がいると訴えるが、村人はあまり本気にしてくれない。

「まあ、とにかく村へ戻ろうや」

チラッとさよりを見る村人の眼差しに不穏な光が宿る。

そして土砂崩れでしばらくは村の外に出られないから、ゆっくり村にいればいいと言うが、さよりは質問攻めにするばかりで会話にならない。

村からは逃げられない!?

村人は突然車を止め、さよりに襲いかかってきた。

「もう逃げられんぞ! おまえら全員、二度とこの村から出られん!」

若い女がひとりもいない村で、外からわざわざ7人も女がやってきたのだから大儲けだ、と村人は舌なめずりする。

再び窮地に陥ったさよりだったが、若い男が村人を突き飛ばし、救ってくれた。だが、その男は女の遺体を掘り返していたあの男であった。

さよりは自分もやられると思い、「いやあああ!」と逃げ出した。

未智乃の警告

一向に戻ってくる気配がない葦原教授のことを心配して、助手の香坂は美耶とともに貴彦の車で探しに出かけた。

途中、さよりのものと思われるメガネやサンダルを発見し、捜索を開始する。

一方、天野家に残っていた美琴は台所で料理をつくっていたが、伊助がやってきて無理やり天野の妻・未智乃の部屋に連れて行かれる。

弱々しい老女が布団に横たわっていたが、未智乃は美琴にこう告げた。

「逃げて。この村から・・・!」

「屍囚獄」第四話の感想

今回も不幸の星のもとに生まれた女子大生・さよりが、車から逃げ出したあとで村人の車に助けを求め、当の村人に襲われ、助けてくれた男は遺体を埋めていたヤバイやつだった、という運が悪すぎるめぐり合わせなお話でした。

沙霧と比奈の女の戦い?もあり、二人の間で氷のような空気が漂っていましたね。比奈はみんなの前では調子良いタイプですが、裏でネットで悪口を書き込んでいたんですねー。

それも沙霧にはすべてお見通しで、鬼のようなひと睨みをきかせていました。(女同士の喧嘩、コワイ!)

美琴は料理上手で家で食事をつくって待っていましたが、天野家当主の妻で寝たきりの未智乃から「村を出ろ」と警告されます。一体、それはどんな理由があってのことなのでしょうか。次回へ続きます。


>>無料試し読みはこちら

 

第五話のネタバレ

foodhuman.hatenadiary.com

スポンサーリンク