読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まんが「食糧人類」ネタバレドットコム

コミック「食糧人類」のネタバレ・試し読み・あらすじ結末・感想ブログです。

スポンサーリンク

「屍囚獄(ししゅうごく)」ネタバレ結末 第1話「骸啼く」

「屍囚獄(ししゅうごく)」ネタバレ結末

東京の大学から、民俗学の研究のためにたった43人しかいない閉鎖的な村を訪れた6人の女子大生たちが、猟奇的で血塗られた土地でつぎつぎに襲われるホラー漫画。

若い女が生まれない奇妙な村、そして男だらけの村人たちのどこかギラついた目。村に伝わる「猿田彦神」「宇受売」の役割とは? ネタバレと感想をご案内します。


作品名:屍囚獄(ししゅうごく)

作者:室井まさね

「屍囚獄」の無料試し読み

この漫画は電子コミックで試し読みができます。

>>無料試し読みはこちら

 

「屍囚獄」第一話「骸啼く」あらすじとネタバレ

八坂村にやってきた女子大生たち

民俗学のレポートのため、比良坂大学の教授・葦原と助手・香坂と共に八坂村にやってきた6人の女子大生たち。

八坂村は人口わずか43人の村で、女子の出生率が異常に低く過去50年間にわたり女性がひとりも生まれていない土地であった。

一行は、村長の天野ーー『猿田彦』と村人たちから呼ばれるーー茅葺きの家に泊まることになっていた。

『宇受売』の意味は?

葦原が挨拶をするが、助手が部屋にあった女性の写真に気づく。村長は妻が長いこと寝たきりになっている、と言い「若い頃はそらぁもう、村中の男が『宇受売』に夢中になっとりましたわ」と奇妙なことを話した。

天野家は代々「猿田彦」と呼ばれ、毎年のふなど祭では当主が神を演じることになっている。

村長の息子・貴彦は26歳で独身、閉鎖的な村なのになぜ現地調査を受け入れたのかというと、教授が連れてくる若い女の子を引き合わせよう、という魂胆にみえた。

家の中には伊助という巨漢がおり、不気味な男であった。

女が生まれてこない奇妙な土地

そして家の周りに村の男たちがわらわらとやってきて、女子大生たちをジロジロと眺め回す。歓迎会を開こう、という村人たちの好意を受けて、一緒に鍋を囲む。

この村には女が生まれず、村人たちは若い女が珍しくて仕方ない。八彦という村人は「ウズメ様の祟やが」と、口を滑らせる。

謎の天狗面の男

翌朝、旅の疲れと二日酔いのせいで3人の女子大生たちは民俗学の調査に参加しなかった。沙霧と比奈は和式便所に辟易して、村の男の勧めで様式トイレを借りに出かけていた。ところが男が自分の家に誘ったのは、比奈たちをを襲うためであった。

比奈が襲われそうになった瞬間、天狗のような猿田彦の面をかぶった何者かが、オノで男の頭を真っ二つに割った。

「屍囚獄」第一話の感想

閉鎖的な寒村に、単位目当てでのこのこやってきた脳天気な女子大生たち。

因習に満ちたその村では、裏で何か恐ろしい風習を続けており、女の生まれない村でその役目をさせる女性を求めていた・・・という、ありがちと言えばありがちですが、無駄のないストーリー展開で「つかみはオッケー!」な第一話でした。

天狗面の謎の殺人鬼は恐ろしいですが、ある意味救世主?のように見えなくもないです。

「トイレ貸してあげるよ」とニコニコ顔で下心満載だった村のおじさんに襲われそうになった比奈でしたが、おじさんの頭が目の前でパックリ割れてしまい、恐怖で悲鳴をあげて泣き叫びます。

さらに、女子大生たちは「仲良しこよし」というわけではなく、お互いに確執があったり裏切り合ったりと女同士のもめごとが垣間見える内容でした。

スプラッタなシーンがドバドバなので、苦手な人はご注意です。

>>無料試し読みはこちら

 

第2話のネタバレ

foodhuman.hatenadiary.com

スポンサーリンク