読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まんが「食糧人類」ネタバレドットコム

コミック「食糧人類」のネタバレ・試し読み・あらすじ結末・感想ブログです。

スポンサーリンク

怪人X~狙われし住民~ネタバレ結末 第1話「悪魔の住む街」

怪人X~狙われし住民~ネタバレ結末

 一見、ごく普通のなんの変哲もない住宅街。そこに引っ越してきた夫婦が住民たちの裏の顔を知ってしまう。

犬がうるさい、子供の夜泣きがうるさい、とちょっとしたことから膨れ上がる悪意と暴力。

親切で頼りになるはずの町内会役員・高山が、街に潜む悪意を増幅させ、不幸の連鎖を引き起こす恐ろしさに、眠れなくなります。サイコサスペンス漫画の開幕です。

 

作品名:怪人X~狙われし住民~

作者:北村永吾

「怪人X」の無料試し読み

この漫画は電子コミックで試し読みができます。
※現在まんが王国で独占配信中。ほかでまだ読めません。

>>無料試し読みはこちら

「怪人X」第一話 「悪魔の住む街」あらすじとネタバレ

クレーマーBBA

住宅街にひとりはいる、口うるさい老女。隣の家で飼っている犬の鳴き声がうるさいからと、クワをもって「ワンワンうるさいんだよ!出て行け!!」と日夜怒鳴り込んでくる平山。

平山の毎日のくるったようなクレームに怯え、うつになった主婦は部屋に閉じこもって震えるしかなかった。

「やめてえええ!」

平凡な住宅街には、小さな地獄が潜んでいた。

転勤で引っ越してきた君塚夫妻


「だから全部、引っ越し屋さんに任せようって言ったじゃない」

乗用車で重たいダンボール箱を新居に運び込む夫に、それ見たことか、と文句を言う妻。

引っ越し費用を節約したいから、と細かいものを自分で運び込んでいたが、思ったよりも大変だった。

「何も見てないのよ、あなたは」含みのある言い方をする妻。

妻は幼い息子・直人を抱っこして手伝えない。

町内会役員・高山

そんな君塚夫妻に高山という町内会役員が話しかけてきた。

「まだだいぶありますね、手伝いましょう」

自ら手伝いを申し出、スポーツインストラクターをしているというだけあって力持ちであっという間に荷物を運んでくれた。

世間話で、夫は自分が生命保険会社に勤めていることを話した。

高山は隣の平山がとても気難しいので気をつけるように、と言って面倒が起こったら連絡をください、と名刺を残して帰った。

近所の不気味な男

高山を見送って、夫は近所に住んでいる不気味な男を目撃した。無精髭にもじゃもじゃ頭で、見るからに不審人物だった。

なにやら、自分たちのことをじっと見ていて気持ちが悪い。

平山と佐田の話

君塚良枝は、夫に引っ越しの片づけから保育園探し、近所への挨拶の何もかもを押し付けられて苛立っていた。

「俺だって手伝ってるだろ」

家のことはふたりで一緒にやるものなのに、「手伝ってやっている」という言い草に腹が立つ。

翌朝、仕方なく隣の平山に息子を連れてひとりで挨拶に行く良枝は、平山からきつく子供を騒がせないように、と注意される。噂通り、顔も心も歪んだ老女だった。

そして、佐田というサラリーマンの男が「あいつは悪魔だ」と、平山に気をつけなさい、と変なことを言ってきた。妻があの女に壊されて、うつになってしまったのだというのだ。

「何かあったら高山さんに」相談

町内会で高山は信頼されており、佐田は「何かあったら高山さんに相談しなさい」と言って去った。

始まったばかりの新生活で、夫は自分のことばかりで家のことは妻に丸投げし、隣にはいつ文句を言いにくるかわからないクレーマーBBA、そして家をじっと見つめる不気味な男・・・不安だらけの状況だった。

唯一、頼れそうなのは高山だけ・・・だが、その高山は自宅のパソコンに個人情報を入力して何かを企むようにほくそ笑んでいた。

「怪人X」第一話の感想

狭い人間関係で息が詰まりそうな、「ご近所づきあい」。古くから住んでいる住人にとって、ニューカマーは招かれざる客で、常に注目の的です。

いわゆる「ご近所トラブル」は全国どこでも絶えないものですが、この和美町はかなりヤバイ雰囲気が漂っています。

表面上は平凡な、静かな住宅街ですが一皮剥くとそこにはドロドロと渦巻く人間の憎悪、ネガティブなパワーで満ちており、スティーブン・キングのホラーみたいに田舎町の暗い闇や秘密があります。

「悪魔の住む街」というタイトルでしたが、本物の悪魔とは、一体誰のことなのか? 本物の悪魔であり、街に悪意を裏から操ってふりまく、サイコパスの高山の正体がこれから少しずつ暴かれていきます。


>>無料試し読みはこちら

 

第二話の感想

foodhuman.hatenadiary.com

スポンサーリンク