読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まんが「食糧人類」ネタバレドットコム

コミック「食糧人類」のネタバレ・試し読み・あらすじ結末・感想ブログです。

スポンサーリンク

「食糧人類」ネタバレ31話 捕まって夕凪に改造されちゃいそう

 

食糧人類の31話、ヤバイです・・・前回の「捕まりそう!」な部分から一気に話が飛んで「捕まっちゃいました」

んでもって、夕凪の会のあのちょっと頭イッている系なリーダーのおっさんに、伊江チームメンバー全員が「改造人間」にされてしまうピンチです。

「食糧人類」の第31話のあらすじネタバレ

目覚めたら手術台の上


体が痛くて重たくて、伊江は寝ぼけて「朝かぁ、学校に遅れちゃう」と目を開けた。

だが、よくよく見ると手術台の上で全身を縛られており、そばには同じように縛られたカズとオグっちゃんもいる。

「伊江、気が・・・ついた?」

「カズ!ここは何なんだ!?
なんで俺たちはこんなことになってんだ!?」

状況が飲み込めない伊江に、「良い質問ですね」という言葉がかけられた。

「あなた方は、夕凪の会が確保しました」

ウェルカム、夕凪の会へ


「ようこそ、私の部屋へ。
わたくし、夕凪の会 代表・桐生です。はじめまして」

礼儀正しい口調で、桐生はそう告げた。

「あなたがたの残りの仲間の場所を教えていただきたい」

本当に知らない伊江は、「知らない」と答えたが状況から見て何か情報を与えないと「拷問」されそうだった。

「本当にご存じないんですか、本当に?」

顔面アップしてきた桐生の真顔に怯える伊江は「ごごご、拷問する気ですか?」と尋ねた。

オグっちゃん、泣きわめく


「い、嫌ああああ、ごごご拷問されんの嫌ああああ!」

オグっちゃんはそう泣きわめき、「あいつら、こんなシステムぶっ壊す、とか言ってたから下の階に行ったんだろ!」と情報を漏らしてしまった。

カズもブンブン首をふって「知らない」と答えると、桐生は意外にもあっさりと言い分を認めてくれた。

「本当に知らないようですね」

拷問なんかしないよ?けど、改造しちゃうよ!


伊江が念を押して拷問はしないのか、と問いただすと桐生は笑って一蹴した。

「アーッハッハハ! 拷問なんて絶対にしませんよ」

彼は科学者として、人に苦痛を与えることに嫌悪感を抱いており、そんなひどいことはしないと約束した。

「うわー、良かったあ、助かった」



だが、桐生は拘束を解こうとはしなかった。

「たしかに私は拷問なぞする気はありません。

が、肉体改造手術を施したあと、夕凪の会員となり治安維持の仕事をしていただきます」

施設内で虫たちに危害を加えた伊江たちは、「治安を乱した罪」を償うために改造人間にさせられるのだという。

一難去ってまた一難・・・

第31話 感想 


夕凪の会のリーダーの名前が「桐生」と判明。口調は丁寧で物腰も柔らかい男性ですが、ただのマッドサイエンティストでした。

苦痛を与える拷問なんか大嫌いだけど、改造はしちゃうよ! というお話。あの化物のようなクリーチャーたちの一員にさせられるべく、改造手術を受けるために手術台に乗せられた伊江たち。はい、今回も大ピンチです。

なお、伊江の腕は前回食べられたように見えましたが、普通にくっついていました。おそらく改造人間にするために傷つけられなかったのではないのかと。

常にギリギリのところで生存してきた伊江チームですが、虫に食われるのと、改造されてクリーチャーになってしまうのとどちらがいいのか・・・どっちも嫌ですよね。

ここから伊江たちが逃れるには、もはやナツネと山引のヘルプがないと無理そうな展開なんですけど。どうなっちゃうのかな・・・次回へ続く!

 
>>「食糧人類」無料試し読み

 

 第32話の感想

foodhuman.hatenadiary.com

スポンサーリンク