読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まんが「食糧人類」ネタバレドットコム

コミック「食糧人類」のネタバレ・試し読み・あらすじ結末・感想ブログです。

スポンサーリンク

「食糧人類」ネタバレ結末 30話 意外とやるじゃん伊江!!

 夕凪の会から送り込まれたハンター・「透明タコ人間」に追われる伊江チーム。

メンバー最弱の男に見えた伊江でしたが、じつは「やる時はやる男」でした。

姿を周りに同化させて消してしまえるタコ男を伊江の機転で発見し・・・タコなぐりに!?

「食糧人類」の第30話のあらすじネタバレ

早く逃げなきゃ!!


戦闘員ゼロのメンバーで逃げることしかできない状況の中、途中で伊江の表情が変わる。

「アイツはどこから来る気だ?」

一刻も早く逃げなければならない危険な状況で、伊江はなぜか途中で止まる。

「伊、伊江・・・」
「は・・は・・はは早く逃げなきゃ」

オグっちゃんとカズが戸惑い、声をかけるが伊江は必死に周りを見回して何かを探していた。

伊江、突如覚醒


「もしかして、コレかぁ!!」

と必死の形相で鉄パイプを蹴り倒し、周囲をスプリンクラー状態にする伊江。

そして「ふんっ」壁から「何か」をえぐり取り、マッチョな様子を見せてオグっちゃんとカズを唖然とさせた。

伊江の罠にハマるタコ人間


それはすべて、タコ人間を葬り去るための伊江の考えた罠だった。

姿の見えない敵であるタコ人間の場所を特定し、その上で攻撃する。

周囲を水浸しにしたのは、歩く水音で位置を見つけるためであり、そこに超高圧電線で電流を流す伊江。

特殊改造されたクリーチャーとはいえ、元は人間。電撃でタコ人間は倒れた。

腕ヤバイ!腕!!


タコ人間を倒したあと、一目散に逃げる伊江チーム。

一息ついて、伊江はオグっちゃんに夕凪の会が何なのか尋ねた。

施設の警備を任されている存在で、脱走を試みた職員を捕まえて処罰する連中だ、と説明するオグっちゃん。

しかし・・・タコ人間はひとりではなかった!

伊江の腕は、タコ人間の口の中にすっぽりと入ってしまい、オグっちゃんの目の前にもうひとりが降ってきた。

第30話 感想 


もうなんか「毎回クライマックス!」って感じなんですけど、今回は伊江の意外な戦闘力を確認できました。

腕っぷしは弱いながらに、頭を使って戦うタイプな伊江は、逃げる途中でいきなり覚醒してしまいます。

伊江の腕が最後でタコ人間に食べられそうになっていたので、画家の右手が・・・と心配ですねー。このまんま食べられちゃうのかしらん。

伊江無双がキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!と思ったら、やっぱり一瞬だけで弱かった・・・

ところでオグっちゃんの背中に地味に背負われていた「裕子さん」の絵にお気づきでしたでしょうか? 伊江チームの危機に、つぎに覚醒するのは裕子さんかも・・・と次回に期待。

 
>>「食糧人類」無料試し読み

 

 

 第31話の感想

foodhuman.hatenadiary.com

スポンサーリンク