読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まんが「食糧人類」ネタバレドットコム

コミック「食糧人類」のネタバレ・試し読み・あらすじ結末・感想ブログです。

スポンサーリンク

食糧人類の小説版(水谷健吾)ネタバレ 別世界スピンオフ作品

漫画「食糧人類-Starving Anonymous-」の原作者である水谷健吾先生が、ナツネ・山引をメインキャラにした別世界スピンオフ作品で電子限定の小説版「食糧人類」をリリースしました。

スピンオフ、と言ってもコミックの世界のスピンオフではなく、あくまで「別物語」になっています。

よその星から来た巨大生物に人類があっという間に制圧されたパラレルワールドで、ナツネ・山引が活躍する内容。

 

「もうひとつの食糧人類」のストーリーですからチェックしてみてくださいね!


>>「食糧人類(小説版)」試し読み

ざっくりですが、この小説版のあらすじをご紹介します。

小説版「食糧人類」のあらすじ

>>「食糧人類(小説版)」試し読み

 

貧富の差が激しく、奴隷制度により人口の4割が奴隷なっていた人類社会。「やつら」は、空からやってきた。よその星から突如として現れた巨大生物たちは、「人類を食糧」とするために侵略する。

彼らは自らを「新人類」と名乗り、これまでの人類は「旧人類」と呼ばれた。飽くなき食欲を満たすため、新人類は旧人類を捕獲、調理して人間のように味わう。

旧人類は抵抗する武器も十分ではなく、新人類の強靭な攻殻はどんな強力な爆弾も通じない。人間はもはや彼らの餌でしかなかった。

だが、元奴隷であり革命家のナツネと食糧問題の研究員だった山引が同時に捕獲され出会い、「巨大生物の王」と直接「取引」をすることになった。

ナツネは仲間の頭に爆弾が仕掛けられていることを交渉材料に、山引は人間の肉をより美味しく育てて味わう方法を伝授すると提案し、両名の交渉が実って一部の人類を「柵の中」で守ることに成功した。

「生き延びる」「絶滅を避ける」ことを最優先に、自らを新人類の「高級な食糧」として差し出すことでようやく生を許された旧人類たち。

食物連鎖の頂点から落ちた旧人類は、捕食者である新人類の存在によって「食べられる側」となった恐怖を味わわされる。

最高品質の食材生産のため提供されるナツネの遺伝子

コミック版で「完成した増殖種」だったナツネは、パラレル世界においては32歳で元奴隷の革命家。新人類たちが到来しなければ、政府を倒す革命に参加するところでした。ナツネには恋人の「杏」という女性キャラクターもおり、彼女と引き離され、長い時間を経たあとでラストで恋を成就させます。(きゅ〜っとなる最後)

反政府運動のために革命家たちの頭には爆弾が仕掛けられており、そのことで巨大生物と交渉することができました。強靭な新人類を傷つけることはできませんが、「貴重な食糧」である旧人類を傷つけないようにするため、という意味で情報が必要とされたのです。

さらに、ハプニングで巨大生物の王がナツネの腕を食べたことにより「高品質な旧人類」認定を受け、「ナツネの遺伝子」を受け継いだ子供を生産するために冷凍ポッドで長期冬眠保存されてしまう運命に。

巨大生物は「味覚」があり、「うまい・まずい」にこだわりがあったために「美味い人類」が生き残ることになります。

山引のマッドサイエンティストっぷりが面白い

コミック版でも未だ何者か判明していない山引でしたが、こちらでは「マッドサイエンティスト」という設定。巨大生物の王に自分が研究すれば、より美味しく高品質な旧人類の肉を食べさせてあげられる、と巧みに誘惑し、見事交渉を成立させます。

彼が主張する「おいしい肉の育て方」の主張が面白いです。

『ストレスを感じると成長が阻害されてしまう。放牧豚が美味しいのと一緒』
『人間は感情もデリケートで、真実を知ったらまともな神経じゃいられない』
『うまくやれば自由奔放に育てられた選りすぐりの上質な旧人類が手に入る』

巨大生物の欲するものを理解し、彼らの立場に立てるのは山引ならでは。普通の神経ではありません(笑)アブナイ研究ばっかりできて、目をキラキラさせている山引の姿が目に浮かびます。

かなり常人とはズレた発想を持つ山引のおかげで、人類は全滅を免れて一部の人類を保護することに成功します。

飼育場に自ら入った旧人類

旧人類は新人類の管理下で、自ら柵の内側に入り飼育場で生きることを選択。理不尽であっても、そうすることでしか生き延びられない状況です。

子供たちが成長して18歳になるまで「新人類」のことも、自分たちが食糧にされることも教えずに育てて「ストレスなく育った高品質な肉」として出荷しなくてはならない社会。

かろうじて「不良品」となった者たちも、真実を教えられて一定数の子供を生むことを義務付けられ、食事は「肉キューブ一個」という環境で、最後には肉キューブの材料になる、という運命が待っています。

これを読むとなぜ非効率的な方法で人類を飼育しているかわかる?

コミック版だと「なんで圧倒的科学力があるらしい生命体が、こんな非効率的な方法で人類を食糧として生産しているのか」がすごく気になると思います。

つがいにさせて子供を生むにしても、生まれた子が成長して大人になるまで約20年。誰が育てるんだろう・・・とか、疑問点だらけです。

小説版では「美味しい肉を食べたいから」という単純明快な理由で、ストレスフリーで自分が家畜だと知らずに自由にのびのび育てられた人間の肉は高品質になるから、というグルメ魂が燃える内容でした。

バッド・エンドに近いけれどもスッキリする終わり方だった

こういう壮大過ぎるストーリーは、得てしてラストが「ぶん投げエンドかよ、コラー!!」というのが多いのですが、何もかもうまく行き過ぎるエンドでもなく、かと言って希望がナッシングなエンドでもない、読後感すっきりめの終わり方でした。

ナツネについては、愛する女性と最後に「再会」できて良かったねー、的なエンド。

山引については、最後の最後まで面白い人生を生きたなあ、新人類にも一発カマしてやってやったじゃん、的なエンド。

旧人類は新人類に結果として勝利することはできなかったけれども、新天地を目指し・・・みたいな流れ。

でも、その終わり方に「あるトリック」みたいなのが隠されているので、これは読んだ人だけのお楽しみ。小説版では『もうひとつの食糧人類』が楽しめるので、ファンなら要チェックですね。

 

>>「食糧人類(小説版)」試し読み

 

 

コミック版第一話の感想

foodhuman.hatenadiary.com

「食糧人類」ネタバレ結末28話 やばいクリーチャーが出てきた

見えないものに頭からパックリ飲み込まれそうになった元・職員。「こわいのがいる」と怯えるカズの予感が当たり、ものすごく「ヤバイやつ」が出てきます。

これがきっと例の「夕凪の会」のハンターのひとりなんでしょうね。戦闘能力ゼロな伊江チームが、どう立ち向かうのか。頼りなさすぎてハラハラしてしまう展開です。

 

「食糧人類」の無料試し読み

この漫画は電子コミックで試し読みができます。

食糧人類の第二巻、2017年3月17日リリース済み!

>>無料試し読みはこちら

「食糧人類」の第28話のあらすじネタバレ

早速ひとりやられる

トイレ休憩しに行った元職員のひとりは、透明な何かに顔面を飲み込まれてしまった。

姿は見えないながらも、「それ」は目の前に存在しており、男の手足をギュッと握って逃げられないようにする。

そして次の瞬間、顔面ごと食いちぎられてしまう。

ビンタされる伊江

帰ってこない男を「ちょっと探してこいや」と、偉そうに伊江に命令する元職員。

「え? なんで僕が?(あんたたちの仲間だろ)」

疑問を呈した伊江に対して、男の容赦ないビンタがかまされた。

「俺が行けっつったら行きぁいいんだよ。
甘ったれてんじゃねえぞ、ガキが」

ドスをきかせた声で脅され、投げ飛ばされてしまう伊江。

ふるえるカズが気になる


「伊江・・・気をつけてね・・・」

涙を浮かべ、伊江を気づかいながらもずっと怯え続けていたカズ。

カズがなぜこうまで怯えるのか。伊江には気になって仕方ない。

「もしかして何か見えてんのかな」

そう思いつつ、恐怖を振り払って「何もない、何もない」と自分に言い聞かせながら職員を見に行く。

夕凪の会が動いた


伊江が見に行った先は、血でいっぱいだった。

悲鳴をあげて仲間たちのもとに戻り、そのことを報告するが、伊江をビンタした男は「バカがてめーは」と取り合わない。

「夕凪の会が動いたんじゃ」

もうひとりの男がそう言って、「バケモノ連中」が動き出したのではないかとビビりだす。

「お前らを探しているのか? おまえら一体何者なんだよ!」

伊江たちに食ってかかる男だったが、空中から「いひひひひ」と姿を現した「透明人間」に捕捉されていた。

「透明人間」は男の鼻の穴に指をつっこみ持ち上げ、脳まで到達させてしまう。

「あは♡ くすぐったぁぁいいひひひ」

そう笑う男の顔面は崩壊し、異様な姿をしたハンターを前に、伊江たちは逃げ惑うしかなかった。

第二十八話 感想 


何スか、このやばいクリーチャーは。作画的には「アポカリプスの砦(蔵石ユウ/イナベカズ)」のゾンビ系新人類に似てて、手足が妙に長くて蜘蛛のようにズザザザーと高速で追いかけてきます。

ふええええっ、こんなの追っかけてきたら生存確率ゼロなんですけど・・・カズは!? カズはどうなっちゃうの!?

今回初めて「まともな言葉」を発していたので、もうすぐ正気に戻れそうな予感がするカズ。おデブで足が一番遅いカズが生き残れるのか。

それにしても、元職員たちは『助けなきゃよかった』と心から思える面々で、早々に退場してくれて予想通りでよかったです。

ナツネがいてくれれば、伊江にビンタした時点であの世行きだったかもしれません。

ラストのコマを見ると、生き残れる確率数%という雰囲気ですが、伊江がここでやられてしまうと「食糧人類、完」になってしまうのでそれはないだろうと思います。次回に続く!

 
>>無料試し読みはこちら

 

 第29話感想

foodhuman.hatenadiary.com

食糧人類の新しい小説版がリリース!

foodhuman.hatenadiary.com

漫画「火傷少女」第1巻のネタバレ感想 シイナとカナメの歪んだ恋愛

 漫画「火傷少女」里見有(作画)貫徹(原作)のあらすじ・ネタバレ感想のご案内です。

読んでみて、一言。ーー人は見た目で判断してはいけない、ということ。人は他人に見せている顔を使い分けており、見た目どおりじゃない。

ひょうきんで、明るくて誰からも好かれるような、死とは縁遠い子が、ある日突然いなくなってしまう。

そんなことも、十分起こり得ると思えた物語です。

「火傷少女 」の無料試し読み

この漫画は電子コミックで試し読みができます。

※まんが王国先行配信作品。


>>無料試し読みはこちら

 

「火傷少女 」 第1巻 あらすじとネタバレ

左目の眼帯少女・シイナ

逢崎要は、クラスにひとりはいる根暗系男子。誰とも目を合わさず、話さず、いじめられているわけではないけれども孤独を好み、ひとりで行動する。

高校のクラスメイトたちは、青春を謳歌する普通の子たち。朝っぱらから元気で、楽しそうにつるんではバカ話で大笑いする。カナメにはなじまない明るい日常で、左目にいつも眼帯をしているシイナもそのひとりだった。

自分とは違う種類の人間。クラスメイトとはいえ、今まで話したこともない。それなのに、シイナは廊下でぶつかってカナメのメガネを壊してしまったことでふたりは関わってしまった。

一冊のノートで変わった世界

騒々しい女の子・・・そんな印象が180度変わってしまったのが、「思想ノート」と書かれた彼女のノートの中身を見てしまったから。

おっちょこちょいで明るいだけの女、に見えたシイナだったが、ノート一面に書かれた「しにたい」という言葉の羅列にカナメの彼女を見る目が変わる。

「好きだよ、そういうの」

思わず出てしまった言葉。でもそれはカナメの本心だった。楽しそうなクラスメイトたちの中に溶け込んでいたはずのシイナは、本当は「こちら側」だったのか。

「知りたい」

そんな好奇心が、カナメの中で初めて芽生えてきた。

シイナの「昔好きな人」

シイナのことをもっと知りたい、とカナメは彼女と話をする。

食事の前に「いただきます」と手を合わせて食べるのは、命に感謝しているわけではなく「昔好きな人の癖が移った」から。

自分の中にある死を至高とする思想も、初恋の人から受け継いだもの。

そして、左目もその人につぶされたこと。

それはとても「素敵な思い出」だと語るシイナ。

シイナが生きる理由

カナメはシイナとの話を通して、彼女の胸に大きな穴があいていることに気づき、その穴を埋めるために廃校で猟奇的なことをしているのだと理解した。

死は一瞬だから、その瞬間を引き伸ばすために生きているというシイナ。

最後の瞬間のために、思い切り愛し合おう、という。

不思議なことに、カナメはそんなシイナと一緒にいると「生きている」という実感を得る。

廃校で行う猟奇的儀式

シイナの生きがいは、誰もいない廃校に忍び込み、そこで自分の代わりに動物を使って死を体験することであった。

何一つ不自由していない人生、親もいて友達のようなものもいたし、今はカナメもいてくれる。

普通の子なら満たされてしまうのに、シイナはこれだけじゃ足りない。

『一度しかできないから、我慢する』

胸の穴を埋めるためには、ずっと憧れている「あの感触」を動物に代わりに体験させて感じ取るしかない。

普通なら「キモチワルイ」と引いてしまうようなその儀式を目の当たりにし、カナメは自分も彼女に手にかけられそうになりながらも、見せられたシイナの内面世界にどうしても惹かれていく。

「火傷少女 」 第1巻の感想


人は内面に、いろんな顔を隠しているものだなあ。シイナのあの底抜けの明るさは、彼女が内側に抱えている闇の裏返しでしかないんでしょうね。

周りの人間のことを「どうでもいい」と思っているからこそ、なんの悩みもなさそうに振る舞える。幼馴染のアカリはシイナのノートを見て「気持ち悪い」と言ったし、それが普通の反応だけれども「あの日のこと一生忘れないよ」というシイナの笑顔の怖いことと言ったらない。

事実、今までクラスに溶け込んでいたのにカナメという、自分を理解してくれそうで好きだと言ってくれた存在を得た次の日から、シイナはクラスメイトや友人たちをあっさりと捨ててしまいます。それはシイナにとって「どうでもいい」存在ばかりだったから。

シイナとカナメを結びつける絆は「死」しかなく、自分に少し似たものを抱えているカナメに対してだけ、シイナは自分の本当の姿を見せます。誰にも見せない顔を見せてくれている、とカナメもわかっているからどんなものを見せられても、彼女のやっていること受け入れます。

気持ち悪いと思いながらも、シイナの言うように、カナメも「その瞬間」胸の穴が埋まっていくような感触を覚えていき、次第に彼女の色に染まっていきます。

「その望みだけは、絶対に誰にも止められない」

というシイナと、カナメとの恋愛。歪んでいるけれども、これは確かに恋愛だという感触。

万人向けの話ではありませんが、次巻も気になります。

 
>>無料試し読みはこちら

 

スポンサーリンク