読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まんが「食糧人類」ネタバレドットコム

コミック「食糧人類」のネタバレ・試し読み・あらすじ結末・感想ブログです。

スポンサーリンク

怪人X~狙われし住民~ネタバレ結末 第2話「魔の手」

怪人X~狙われし住民~ネタバレ結末

夫の転勤で新居に引っ越した君塚良枝。けれど、隣人のクレーマー老婆・平山について「あいつは悪魔、悪意のかたまり」という話を佐田から聞かされ、ひどく不安になっていきます。

何か悪いことが起きそうだと思いつつも、夫は家のことにはノータッチで無関心。

さらに、向かいのアパートにいる気持ち悪い男が、じーっと君塚家を見張っていて緊張感が高まっていく状況です。

 

作品名:怪人X~狙われし住民~

作者:北村永吾

「怪人X」の無料試し読み

この漫画は電子コミックで試し読みができます。
※現在まんが王国で独占配信中。ほかでまだ読めません。

>>無料試し読みはこちら

「怪人X」第二話 「魔の手」あらすじとネタバレ

向かいのアパートの不気味な男

 君塚明は仕事が終わって帰宅すると、向かいのアパートの男がまたこちらを見張っていることに気づいた。

「昨日のあいつだ」

妻の良枝にも「さっきもこっちをジッと見てやがった。薄気味悪いやつだ」と、必ずドアに鍵をかけるようにと注意した。

明はどちらかと言うと向かいのアパートの男への警戒心でいっぱいで、妻が隣の家の平山の噂について話してもうわの空だった。

「やばい感じで怖かった。子供をうるさくさせるなって」
「佐田さんって人が、変なことを話しかけてきた」

妻の不安を真剣に聞かず、「あんまり考えすぎるな」と流してしまう。

クレーマーBBAの本領発揮

翌日、なんとか家の片付けも済ませ、スーパーに買物に行こうとした良枝は、恐ろしい現場に遭遇してしまった。

「うるさい!いいかげんにしろ!!このバカ犬!」

大声で佐田家に突撃し、ドアをガンガン叩く平山は、たしかに悪意のかたまりであった。

あの悪意がもしこちらに向けられたら・・・良枝は買い物に出ることも怖くて、ブルブルふるえていた。

高山に相談する佐田

スポーツジムのインストラクターをしている高山は、人望もありたった5年で幹部になったカリスマトレーナーだった。

仕事中に、高山の携帯に佐田から連絡が入り、平山が自宅に来て妻が悲鳴をあげているとSOSを出した。

「ククク・・・」

電話を切って、なぜかほくそ笑む高山。

夜、佐田とふたりで飲みながら相談を聞くことになった。

「妻はもう限界です。うつがひどくなって」
「なんでこんな目に。言いがかりもはなはだしい」
「警察も役所も、民事不介入で何もしてくれない」

佐田はすべての不満を、高山にぶつけた。

いなくなればいいのに、という高山

そもそも平山の嫌がらせが始まったのは、あの家に引っ越して来る前に勝手に平山が庭で野菜・花を耕していたからだった。自分たちが引っ越してきたことで、畑を使えなくなった、という理不尽な理由。

そのせいで妻は重度のうつになり、自分もまた精神をやられて身体もおかしい。

「いなくなってくれれば、一番カンタンなんですがね」

佐田の気持ちを聞いて、高山はそう言った。

自分も彼女にはほとほと困らされている、と。

佐田は冗談交じりに「変身ヒーローが、あの怪人を倒してくれればいいのに」と言って、高山はゾッとするような表情を浮かべた。

平山が「子供がうるさい」と来た

良枝がもっとも恐れていたことが起きてしまう。

真夜中に息子の直人が夜泣きして、一晩中大きな声で騒いでしまったのだ。

無論、クレーマーである平山はそれを聞き逃さない。

「言っただろ、うるさくさせるなって」

翌日、平山は君塚家に乗り込んできた。

「怪人X」第二話の感想

リアルでも結構ありますよね、ご近所にいるうるさいクレーマーおばさん。たしかに少しうるさくしてしまってこちら側が悪い点もありますが、「そこまでしなくても」というくらいに、異常なクレームを突っ込んできます。

この手のご近所トラブルは、たいてい「うるさい」という騒音が元になっていることが多く、犬の鳴き声、赤ん坊の泣き声をきっかけに嫌がらせがスタートすることも。大人であれば気をつけられることでも、ペットや子供となると簡単に改善することもできません。

佐田夫婦が平山に悩まされていることを良枝は聞いていましたから、自分も「精神を壊されてしまう」と恐怖でいっぱいです。おかしな隣人には、どう対処すべきなのか。ストーリーの裏で進行している、高山の企みも気になります。

果たして、良枝はこのまま平山に土下座させられてしまうのか・・・つぎのお話へつづきます。


>>無料試し読みはこちら

 

第三話の感想

foodhuman.hatenadiary.com

怪人X~狙われし住民~ネタバレ結末 第1話「悪魔の住む街」

怪人X~狙われし住民~ネタバレ結末

 一見、ごく普通のなんの変哲もない住宅街。そこに引っ越してきた夫婦が住民たちの裏の顔を知ってしまう。

犬がうるさい、子供の夜泣きがうるさい、とちょっとしたことから膨れ上がる悪意と暴力。

親切で頼りになるはずの町内会役員・高山が、街に潜む悪意を増幅させ、不幸の連鎖を引き起こす恐ろしさに、眠れなくなります。サイコサスペンス漫画の開幕です。

 

作品名:怪人X~狙われし住民~

作者:北村永吾

「怪人X」の無料試し読み

この漫画は電子コミックで試し読みができます。
※現在まんが王国で独占配信中。ほかでまだ読めません。

>>無料試し読みはこちら

「怪人X」第一話 「悪魔の住む街」あらすじとネタバレ

クレーマーBBA

住宅街にひとりはいる、口うるさい老女。隣の家で飼っている犬の鳴き声がうるさいからと、クワをもって「ワンワンうるさいんだよ!出て行け!!」と日夜怒鳴り込んでくる平山。

平山の毎日のくるったようなクレームに怯え、うつになった主婦は部屋に閉じこもって震えるしかなかった。

「やめてえええ!」

平凡な住宅街には、小さな地獄が潜んでいた。

転勤で引っ越してきた君塚夫妻


「だから全部、引っ越し屋さんに任せようって言ったじゃない」

乗用車で重たいダンボール箱を新居に運び込む夫に、それ見たことか、と文句を言う妻。

引っ越し費用を節約したいから、と細かいものを自分で運び込んでいたが、思ったよりも大変だった。

「何も見てないのよ、あなたは」含みのある言い方をする妻。

妻は幼い息子・直人を抱っこして手伝えない。

町内会役員・高山

そんな君塚夫妻に高山という町内会役員が話しかけてきた。

「まだだいぶありますね、手伝いましょう」

自ら手伝いを申し出、スポーツインストラクターをしているというだけあって力持ちであっという間に荷物を運んでくれた。

世間話で、夫は自分が生命保険会社に勤めていることを話した。

高山は隣の平山がとても気難しいので気をつけるように、と言って面倒が起こったら連絡をください、と名刺を残して帰った。

近所の不気味な男

高山を見送って、夫は近所に住んでいる不気味な男を目撃した。無精髭にもじゃもじゃ頭で、見るからに不審人物だった。

なにやら、自分たちのことをじっと見ていて気持ちが悪い。

平山と佐田の話

君塚良枝は、夫に引っ越しの片づけから保育園探し、近所への挨拶の何もかもを押し付けられて苛立っていた。

「俺だって手伝ってるだろ」

家のことはふたりで一緒にやるものなのに、「手伝ってやっている」という言い草に腹が立つ。

翌朝、仕方なく隣の平山に息子を連れてひとりで挨拶に行く良枝は、平山からきつく子供を騒がせないように、と注意される。噂通り、顔も心も歪んだ老女だった。

そして、佐田というサラリーマンの男が「あいつは悪魔だ」と、平山に気をつけなさい、と変なことを言ってきた。妻があの女に壊されて、うつになってしまったのだというのだ。

「何かあったら高山さんに」相談

町内会で高山は信頼されており、佐田は「何かあったら高山さんに相談しなさい」と言って去った。

始まったばかりの新生活で、夫は自分のことばかりで家のことは妻に丸投げし、隣にはいつ文句を言いにくるかわからないクレーマーBBA、そして家をじっと見つめる不気味な男・・・不安だらけの状況だった。

唯一、頼れそうなのは高山だけ・・・だが、その高山は自宅のパソコンに個人情報を入力して何かを企むようにほくそ笑んでいた。

「怪人X」第一話の感想

狭い人間関係で息が詰まりそうな、「ご近所づきあい」。古くから住んでいる住人にとって、ニューカマーは招かれざる客で、常に注目の的です。

いわゆる「ご近所トラブル」は全国どこでも絶えないものですが、この和美町はかなりヤバイ雰囲気が漂っています。

表面上は平凡な、静かな住宅街ですが一皮剥くとそこにはドロドロと渦巻く人間の憎悪、ネガティブなパワーで満ちており、スティーブン・キングのホラーみたいに田舎町の暗い闇や秘密があります。

「悪魔の住む街」というタイトルでしたが、本物の悪魔とは、一体誰のことなのか? 本物の悪魔であり、街に悪意を裏から操ってふりまく、サイコパスの高山の正体がこれから少しずつ暴かれていきます。


>>無料試し読みはこちら

 

第二話の感想

foodhuman.hatenadiary.com

「食糧人類」ネタバレ結末25話 脱出組と居残り組に分割

「食糧人類」ネタバレ結末

和泉所長とハンターである「夕凪の会」が出た前回。今回は、伊江たち4人に話が戻ります。

「あいつら」を壊滅させるというナツネ。ここから逃げて家族のもとに帰りたい、という伊江。それぞれに目的が異なり、パーティは二分割してしまうことになりますが・・・。

「食糧人類」の無料試し読み

この漫画は電子コミックで試し読みができます。

>>無料試し読みはこちら

「食糧人類」の第25話のあらすじネタバレ

施設に残ってやつらをぶちのめすというナツネ

体を食いちぎられながらも、再生を果たしたナツネはオグラさん(おじさん)から替えのズボンをもらって着替える。

オグラさんはナツネがやっつけた昆虫を見て、「じきにココにも追っ手が来るだろう」と泣き始めた。

犯行の一部始終が監視カメラで映しだされており、誰かがやってくる前にこの隠れ家を引き払って、新たな潜伏場所を探さなければならないというのだ。

「俺は逃げない」

ナツネは一匹残らず、虫たちを殲滅すると宣言する。

ここに残るという山引


「こんな施設はブチ壊す」

ナツネの殺気のこもった発言を聞いて、山引が笑い出す。

「相変わらず、ナツネは面白いですね」

牛刀一本でどうやってやるのか、と。

いくら再生能力があるとはいえ、連中はおびただしい数がおり、この施設では彼らの食料として人間が消費されている。

今まで自分たちがその存在を一切知らなかったのは、完璧な情報統制がされているから。

「人間は彼らに絶対的な服従を強いられる関係」

ペットの爬虫類の餌にしか過ぎない存在で、このシステムをぶち壊すと言っても絶対無理だよねえ、と揶揄する。

しかし、ナツネに勝算がないと言っておきながらも、山引はここに残るという。

「だってこんなに面白いことを言う人はいない。
最期まで行動をともにして、事の顛末を見届ける」

というのだった。

ここから逃げたい、という伊江

その話を聞いていた伊江は「俺、オグラさんと一緒に逃げます」と手を挙げる。

「家族も心配しているから、一刻もはやく帰りたい。
カズも連れて帰らないと」

伊江の言葉で、4人は「脱出組」と「居残り組」に分れることになった。

友達と別れるときの言葉

ナツネ・山引、そして伊江・カズ・オグラさん(裕子さん)と分かれて行動することに決まる。

「伊江、友達と別れるとき、なんて言うんだ?」

ナツネは伊江にそう尋ねた。

精神年齢6歳で、ずっと友達がいなかったナツネは、「初めての友達」である伊江になんてサヨナラを言えばいいのかわからない。

「じゃあ、またね・・・かな?」

伊江から教えてもらい、ナツネはそのまま同じ言葉を返す。

「じゃあ、またな」

笑顔で反対側へ去っていく、ナツネと山引。

伊江は仕方がないことながらも、不安そうにふたりの背中を見送った。

第二十五話 感想

ずっと4人で行動してきましたが、パーティは二手に分かれることになってしまいました。

ナツネがこの施設に残って「あいつら残らずボコってぶちのめす!」というのはよくわかるのですが、(増殖種なので、いずれにせよ追われる運命)山引って、破滅願望でもあるんでしょうかね・・・。

ナツネに初めから勝てる可能性がない、と自分で言い切っておきながらも彼と行動をともにして、最後まで見届けようとする。理由は「面白いから」で、まあ、うん、そういう性格なんでしょうね。でも、彼にも怪しげな部分があるので、今後の彼の正体にも期待。

山引は頭がいいから、この施設の研究所に関係するマッドサイエンティストの孫、とかそういう設定が出てきそうな雰囲気。

「夕凪の会」のハンターたちが追ってくるので、二手に分かれるほうが生存率はあがりますが、先に遭遇してしまうのはどちらなんでしょうか。脱出組は戦闘力ゼロなんで、出会ったらアウトです。

ところで、今回は萌えポイントの多いお話でした。ナツネの「友達」発言。なついたらかわいいタイプですね~、ホント。6歳だもんね! 

カズも山引のお膝の上で手のひらそろえてかわゆい顔でスースーおねんねしていました。萌え萌えキュン♪です。お願いだから、カズだけは死なせないで・・・作者さま。次回も正座待機。


>>無料試し読みはこちら

 

第二十六話ネタバレ

foodhuman.hatenadiary.com

スポンサーリンク